FX 入門でレバレッジは重要

FX 入門でレバレッジは重要 FXは株投資と異なり、少額から手軽に始められる投資として人気がありますが、手軽さが故に何も知識がないまま、FX 入門する方が多いという事実があります。そんなFXですが、やはりFX 入門する前にある程度の知識は頭に入れてから始めたいものです。今回はそんな少額投資が可能なFXの特徴についてみなさんに紹介します。

FXの大きな特徴の一つとして、少額投資でも大きな取引が可能となるレバレッジという投資方法があります。FXは少額投資が可能で、レバレッジはその少額投資の金額を証拠金として取り扱い、大きな金額で取引ができる仕組みのことを言います。

例えばですが、レバレッジを25倍で取引した場合、実際は25分の1の資金で投資ができるという理論です。つまり、100円の取引を行うのにあたって、約4円程度の資金で100円の取引ができるということになります。具体例は金額が少ないのであまり現実味がありませんが、100円が10万円や100万円となるとこのレバレッジという方法が現実味を帯びてきます。

もちろんこのレバレッジという方法には25倍までという決まりがあり、その倍率が高ければ高いほど見返りは多いですが、損をする金額も大きくなりますので、その点は注意が必要となる方法です。

最新ニュース