もしも寝てしまったら

コンタクトレンズを使用していてもいい時間は、種類や眼の状態によって異なってきますが、1日12時間が目安となります。しかし、個人差があるので自己で判断はせずに必ず眼科医の診察を受けて指示に従うようにしてください。また、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまった場合には、レンズが乾燥して目に張り付いて傷がついてしまうこともあります。

まずは人口涙液型点眼剤などをさして目を潤してから外すようにしてください。目を閉じたときに眼球というのは上方向に回転するので、ハードコンタクトレンズがずれてしまい眼球の奥の方へと入り込んでしまうこともありますが、慌てずに鏡を見てレンズを探し、瞼のふちを指で押さえてハードコンタクトを固定します。その後、目だけをハードコンタクトレンズの方向に向けて動かし位置を戻してください。

コンタクトの中には寝るときに外さなくても良いものがあります。しかし、眼に大きな負担がかかってしまうので特別な理由がない限りは使わず、必要なときには医師の診察を受けて使用することが望ましいといえます。最近のコンタクトレンズではうたたね程度では重大な被害が出るリスクは低くなっていますが、寝る際には必ずコンタクトを外すようにしてください。フォーチュンコンタクト