寝るのはNG

コンタクトレンズをつけているときには、外すことを忘れてしまいそのまま寝てしまうなんてことがあるかもしれません。しかし、この時にコンタクトをつけたまま寝てしまうことは絶対にしないよう注意してください。場合によってはレンズが角膜に張り付いてしまい、外した時に角膜を傷つけてしまいます。

また、酸素は血管から供給されているものです。しかし、角膜には血管というものがなく涙や空気を介さなければ酸素を取り入れることができません。角膜が酸素不足になってしまえば、血液から酸素を取り込もうとして黒目の部分に血管が侵入してくることもあります。そして、角膜上皮細胞がはがれやすくなってしまい細菌が感染しやすい状態になる場合もあります。さらに長時間酸素不足の状態が続いてしまえば角膜内細胞が減少してしまいます。

角膜内細胞は一度減ると再生せず、次第に透明性を維持することができなくなり濁りや痛みが出ていてしまいます。長時間の装用のためにハードタイプのコンタクトレンズの場合には多くの商品が連続装用の許可を受けているので、コンタクトを着用した状態での睡眠は大丈夫ということにはなっています。ですが、眼の健康を考えたらやはり外した方が安心です。