具体的な被害の一例

コンタクトレンズ装用中の睡眠による被害はいくつかありますが、角膜への損傷について解説します。角膜の傷については想像つきやすいです。コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうとレンズが目の中で乾いてしまい、眼にとっては明らかな異物となってしまいます。

乾いたレンズと眼が擦れれば傷となり、様々な雑菌の侵入口となります。角膜には血管がなく、角膜が呼吸をする時には空気中の酸素をダイレクトに取り込むか、涙を介して酸素を取り入れます。つまり、目を閉じて角膜をレンズで覆っている状態では角膜はほとんど呼吸ができなくなります。もともと酸素透過生の高いハードコンタクトレンズならば眼が酸素不足に陥ることも少なく、長時間の装用も認められることがありますが、ソフトコンタクトレンズの場合には要注意です。ソフトコンタクトレンズをつけたまま寝てしまってはレンズが乾き、眼球上の涙を吸い取ってしまいます。

眼球上に涙がなくなってしまえば酸素の運搬はされにくくなってしまい結果的には角膜の酸素不足に陥ってしまいます。コンタクト使用による目の痛みや違和感は危険のシグナルです。くれぐれもコンタクトレンズをつけ続けないように注意してください。フォーチュンコンタクト